■「デジタル社会とウェルビーイング研究部会 第2回勉強会」開催のお知らせ
https://www.digitalwellbeing.online/%E8%A4%87%E8%A3%BD-event

●第1回勉強会テーマ:
  「サイバー空間と若者の生きづらさ」

●概要
 私たちの日々の生活において、インターネットは欠くことのできない
生活インフラとなっている。その一方で、インターネットのサイバー空
間では、若者たちの葛藤、わびしさ等、彼らの本音もつづられている。
 第2回勉強会では、サイバー空間と青少年の自殺やいじめ問題を取材し
ている渋井哲也先生をお迎えして、サイバー空間と、青少年の生きづらさ
にかかわる実情を中心とした話題を提供していただく。それをもとに、
負の側面から若者のウェルビーイングとサイバー空間の問題点について
検討する。

●講師:渋井哲也 氏(ジャーナリスト)

●講師紹介
 渋井哲也 (しぶいてつや) 1969年、 栃木県生まれ。ジャーナリスト、
 中央大学 文学部講師。東洋大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期
課程修了。長野県の地方紙 「長野日報」 の記者 を経てフリーに。これ
までにネット事件、自殺問題、若者の生き方、サブカルチャーなどを中心
に取材。1998年からはウェブと生きづらさをテーマにした取 材も進めて
いる。
 主な著書は 『学校が子どもを殺すと き』(論創社)、『ルポ 平成ネット
犯罪』 ( ちくま新書)、 『命を救えなかった』 (第三書館)など。(『ルポ
 座間9人殺害事件 被害者はなぜ引き寄せられたのか』光文社新書(2022年
1月30日)より)

●討議者:中俣保志 氏(香川短期大学経営情報科 教授)

●モデレーター:齋藤長行氏(東京国際工科専門職大学 教授)

●日時・形式
・期日:2022年7月19日19時~21時
・形式:オンライン(Zoom)

●参加費:無料

●申し込み
氏名、所属、メールアドレス、電話番号を記し、
digital.wellbeing.info(@)gmail.com までメールで、7月13日までに申し
込んでください。

●主催:社会情報学会デジタル社会とウェルビーイング研究部会(https://digitalwellbeingin.wixsite.com/digitalwellbeing)

●事務責任者:齋藤長行(東京国際工科専門職大学)