07-08


若手研究者への旅費支援のお知らせ(2019.3.8締め切り)

下記の通り若手研究者の旅費支援を行います。該当する会員は奮って応募してください。
応募は締め切られました
1. 支援対象 対象となるのは、正規雇用の職にない会員が、海外の学会等
または本学会の学会大会において、単独または共同研究の責任者として
口頭発表またはポスター発表等を行う場合です。年齢による制限はありません。
なお、所属大学など他の機関や団体等から助成がある場合には支給対象にはなりません。

2. 海外の学会等の場合 年 2 回(前期/後期)、総額20万円を上限として支援を行いますが、
今回募集するのは開催初日が2019年4月1日から2019年9月30日である国際会議等です。
支援額は、開催国が東アジアの場合3万円、その他のアジア諸国の場合5万円、それ以外は10万円です。

3. 応募方法
3月8日(金) までに本学会事務局 office@ssi.or.jp 宛にメールで申し込んでください。
メールには以下の項目を記載してください。

(1)氏名、所属、電話番号、E-mali アドレス
(2)学会等の名称
(3)日程および開催場所
(4)発表課題名
(5)発表概要
(6)発表形式(口頭、ポスター、その他)
(7)申請額(円)
(8)他機関・団体から助成がでていないことの確認
(9)学会のAccept 通知〔海外の学会等の場合。メールに添付してください〕

4. 対象者の決定と通知
応募者が上限を超えた場合は抽選とします。
支給の採否は、締切日後に開催される直近の理事会の議を経て、申請者に速やかに通知します。
支給対象者には、発表成果をベースにした研究論文を本学会の和文誌、英文誌、
または国際的な学術雑誌に投稿することが期待されます。
海外の学会等の場合、事後に航空券半券(e チケット控え)を提出していただきます。

(2019.2.21掲載)


SSI 一般社団法人社会情報学会 The Society of Socio-Informatics
〒113-0001 東京都文京区白山1-13-7アクア白山ビル5F勝美印刷(株)内
Tel: 03-3812-5223 Fax: 03-3816-1561   e-mail

社会情報学会-SSIとは

 社会情報学会は、「社会情報学」をまさに「いま、ここにある問題」として捉え、研究マインドをもって問題解決に取り組もうとするすべての人びと――研究機関だけでなく、企業や、自治体や、生活における実践のなかで、問題を発見するすべての人びとに対して、オープンです。このオープン性を活かして、社会のなかのさまざまな「知」を再編集し、豊かな未来をデザインしていくことも、社会情報学会の使命です。

2019年度・学会賞候補推薦についての公募

2019年度若手研究者旅費支援(〆切 2019.3.8)
詳細はこちらのリンク先をご覧ください。
2019年度各種学会賞公募(〆切 2019.5.31)
詳細はこちらのリンク先をご覧ください。

学会大会

2018年度 社会情報学会(SSI)学会大会
日 時 2018年9月8日(土)~9日(日)
会 場 島根大学
大会テーマ 「AIが実現する社会・AIが実現しない社会」
詳細はこちらをご参照ください。

日本本社会情報学会(JSIS-BJK)災害情報支援チーム

~JSIS-BJK災害支援チームについて~
若手研究者・大学院生・大学生が集まり、災害支援チームを結成し、被災地の支援活動に取り組んでいます。
詳細はこちらのリンク先をご覧ください。

▲PAGE UP